● 歴 史 ●
 わたしたちのグループは、1873年にアメリカン・バプテスト(「北部バプテスト」注)から派遣されたネーサン・ブラウンとジョナサン・ゴーブル両師夫妻の宣教によって生まれました。同年、横浜第一浸礼教会(今日の横浜バプテスト教会)が設立されましたが、この教会は日本のプロテスタントでは2番目に古い教会です。
 1941年、当時の政府の方針によって、大多数のプロテスタントのグループが合同して「日本基督教団」を結成し、わたしたちの群れもそれに加わりました。しかし、1958年、アメリカン・バプテスト系の諸教会の一部が立場の違いを理由に日本基督教団から離れ、それらの諸教会を中心として、「日本バプテスト同盟」が結成されました。それ以後、アメリカン・バプテストとスウェーデン・バプテストの方々の支援をも受けながら地道な伝道活動を続けており、現在は全国各地に75の教会・伝道所があります。

 注)アメリカのバプテストのグループは、1845年に奴隷解放問題に対する立場の違いによって大きく北部バプテストと南部バプテストに分かれました。北部バプテストという名称は正式には1907年から約40年間用いられ、今では「アメリカン・バプテスト」と称しています。現在のアメリカにはこの他にもたくさんのバプテストのグループがあります。

● 特 徴 ●
 わたしたちはプロテスタントの教会ですので、基本的な信仰理解は他の多くのプロテスタントの諸教派と共通しています。また、教派を超えた交わりである日本キリスト教協議会(NCC)に属しています。

 その上で、わたしたちの特徴をご紹介します。
○個人の意志を尊重します。ですから、バプテスマ(洗礼)は自覚的に信仰を告白した者に授け、幼児洗礼はいたしません。
○各個教会の自主性を重んじます。大事なことがらは、それぞれの教会が最終的に決定する権利を持っています。バプテスト同盟という組織は、ゆるやかな連合体であり、所属する教会や伝道所が互いに協力し支えあうことを目的としています。
○信徒は平等です。牧師(伝道師)も信徒の一人であり、一般の信徒との間に上下関係はありません。
○民主的です。各個教会においては、教会員が集まる教会総会が最高決議機関であり、牧師や役員は総会の決定に従って教会を運営します。また、毎年、各個教会の代表が集まる同盟総会の協議によって、バプテスト同盟全体に関することを決めていきます。

 以上のようなわたしたちの立場を簡潔に表明するものとして、2001年に「日本バプテスト同盟信仰宣言」を同盟総会で採択しました。

●協力団体●
 アメリカン・バプテストの宣教師や日本人のバプテスト関係者によって基礎が築かれた幾つかの学校があり、これらの学校はバプテスト同盟の「協力団体」として深いつながりを持っています。主な協力団体は、尚絅学院(仙台)、彰栄保育福祉専門学校(東京)、捜真学院(横浜)、関東学院(横浜)、日ノ本学園(兵庫県)などです。


日本バプテスト同盟とは?

トップにもどる