木津キリスト教会宣教100周年
            記念会にむけての編集資料−6−

林 宣雄牧師

  続・木津講義所(会館)委員会記録より
○第9回委員会(1928年3月11日)
  (出席者)フート宣教師、吉沢氏、堀池氏、酒井姉代理の矢田姉      今井武子伝道婦
 議事:当日の議事は主に、建築に着手する事に就て、種々協議する。  堀池氏が大工交渉
○第10回委員会(1928年6月20日)
  (出席者)フート宣教師、堀池氏、斎藤久吉牧師、吉沢氏
     今井武子伝道婦
 議事:当日の議事は献堂式のこと。
   日時は7月8日と決める。当日のプログラムについて、説教者は 橋本牧師とす。
  案内状を送る事に着手する事、献堂式の為いろいろ準備をする。
  7月7日 新会堂に移転す。7月16日(8日を変更か)
   月曜日午後二時 木津会館献堂式 六十名
   別紙プログラムにて式を進行し、橋本牧師の御奨励により、会衆 感激と感謝、写真を会衆―同にてとる。(残念ながら、プログラムと  写真は現在のところ未発見です)
   夜は、献堂記念礼拝、傅道説教あり
   高橋牧師 16日 人世苦よりの解放
   小川牧師 17日 今は恵みの時
   斎藤牧師 18日 (不明)

 以上の記録は、木津講義所時代から会館建築、献堂に至るまでのものです。不明の記録もあります。コーナー・ストーン埋設の写真は残っているのですが何度か、場所を掘ってみましたが現在のところ未発見です。

               〔2007年9月23日〕