「礼拝について」−その心得−

林 宣雄牧師

 

   1.礼拝を何よりも大切にする。
   2.喜んで主を礼拝する。
   3.主を見上げる。
   4.日曜日を大切にする。
   5.余裕をもって集う。
   6.礼拝前の挨拶は簡単にする。
   7.着席について一前の方から座る。
   8.求道者をいつも歓迎する心をもつ。
   9.礼拝後一兄弟姉妹と声をかけ合う。
  10.礼拝に子どもが出席したら、歓迎する。
  11.駐車場について一新し<来る人にゆずる。
  12.礼拝プログラムを前もって黙読する。
  13.土曜日は翌日の聖日を覚えて祈る。
  14.礼拝に出席できない場合
     −別の形で礼拝を守る−
     −必ず、一週の別の集会に出席する−
  15.讃美歌−主に向って声をあわせる−
  16.交読文−文語体を読んで理解する−
  17.使徒信条又は主の祈り−暗記する−
  18.聖書朗読−あらかじめ読んでおく−
  19.説教−生活雑感ではありません。
       −信仰をもって受けとめましょう。
  20.頌栄・祝祷−礼拝のしめくくりの讃美
  21.後奏−礼拝の恵みをもう一度思い起こす。

     「一同は讃美の歌をうたってから、
          オリーブ山へ出かけた。」
             (マルコ14章26節)

               〔2007年9月30日〕