『星たちのゆりかご』

            林 宣雄 牧師

 「神は 宇宙のつくりぬし

  世界の父で 全能者

  人のいのちを つくります」

       (子ども讃美歌 7番)

東大出版会「UP」1月号に東大天文学部助教授の渡部潤一氏が星雲から誕生する星たちの生命について記している。オリオン大星雲(メシエ42)から誕生する星たちの年齢は2000万年である。人間の一生と比較すると永く感じられる。でも、まだ生まれたばかりの星の赤ちゃんである。太陽は、すでに46億歳である。あと50億年くらいは生きる。ある方が心配してこうつぶやいた。太陽は50億年で消滅してしまうのかしら。私どうしよう!!星雲のガスやチリが集まって星となり、やがて核融合の火がついて激しく光り出して星の誕生となる。銀河のことを天の川と呼ぶ習慣がある。銀河系とは太陽を含む約二千億個の恒星とガスやチリなどの星間物質から成る直径約15万光年の天体である。渦巻銀河・楕円銀河・不規則銀河に分類される。銀河団とは銀河が数千個のことである。宇宙には、どのくらいの星がちらばっているのかわからない。

神は言われた「光あれ」

          (旧約聖書 創世記第1章3節)


                          〔2006年1月15日〕