礼拝の順序 解        説
前奏 礼拝の始まりです。奏楽者のオルガンを聴き、心を神様に向けます。
讃美歌 その日に決められた讃美歌を歌います。オルガンの伴奏がリードしてくれます。
主の祈り イエス・キリストが弟子たちに教えた祈りをみんなで祈ります。
交読文 聖書の言葉を司会者と礼拝出席者(以下会衆)で交互に読み交わします。
讃美歌
聖書 その日の説教の題材になる聖書箇所を読みます。
司会者の祈り 司会者が祈ります。会衆も心を合わせて祈ります。
讃美歌
メッセージ 説教者が聖書からメッセージを語ります。
説教者の祈り 説教者が説教後に祈ります。会衆も心を合わせて祈ります。
讃美歌
献金と祈り 献金は基本的に自由です。金額ではなく神様への感謝の思いが大切です。
讃美歌
祝祷(しゅくとう) 牧師が、会衆のために祝福の祈りをいたします。
後奏 奏楽者のオルガンを聴き、心を静かにして礼拝が終わる準備をします。
報告 先週1週間、今週1週間の行事予定などを報告いたします。
礼拝開始の時間について
礼拝は日曜日の午前10時からです。
礼拝の時間について
1時間程度です。11時30分には終わります。
持ってくるもの
礼拝で使うものは、聖書(新共同訳)と讃美歌(日本基督教団 出版局)です。お持ちでない方には教会備え付けのものをお貸ししますので、手ぶらでいらしてください。
「礼拝なんて初めて」という方に
礼拝開始時間より少し早めに来ていただければ、礼拝の流れなどをご案内させていただきます。また礼拝中も、混乱がないよう配慮いたします。
服装について
服装は自由です。特に決まりはありません。
献金について
礼拝中献金の当番が回ってきます。ご用意があれば、神様への感謝のしるしとして献金をささげます。しかし、献金は自由意志です。金額も特に決まりはありません。
以下に礼拝の流れを記載しますのでご覧ください。
礼拝の様子
トップにもどる